- Blog記事一覧 - 2023 5月の記事一覧

2023 5月の記事一覧

越谷市立老人福祉センター ひのき荘での健康教室2

2023.05.19 | Category: お知らせ

こんにちは。スタッフの加藤です!

今日は活動のご報告です。

 

「越谷市立老人福祉センター ひのき荘」で行われている、健康教室にまたまた講師として参加してきました!

10:00~10:45 と 11:00~11:45の2部構成となっております。

私が講師を務めさせていただいた5月18日は、1部2部の合計で約90名の方が参加してくださいました。

私がさせて頂いた健康教室の内容は、前回と同じく

・全身の柔軟性を向上するための簡単なストレッチ

・椅子を使ってできる軽負荷の筋トレ

・体を動かしながらの脳トレ

といった、介護予防を意識した体操をおこなってきました。

立位で踵上げを行い、ふくろはぎの筋肉を鍛えているところの写真です。

 

 

筋トレ+脳トレのメニューを行っている写真です。

 

足踏みをしながらみんなで数を数えて5の倍数で手を叩くというメニューです。

慣れたらスピードを速くしたり、3の倍数に数を変えたり、難易度を変更しています。

ひのき荘のスタッフさんの話によりますと、コロナが落ち着いて参加者の方が増えているとか。

参加者の方々も家にいると運動量がどうしても少なくなるし、家でなかなか体操なんてしないからこういう場所は大事よねと話されていました。

 

健康教室が始まる前の時間や休憩中の時間に、おしゃべりを楽しまれている方や

自分のペースで過ごされている方もいて、とても穏やかな雰囲気です。

50代~80代と参加されている年齢層も幅広く、男性・女性どちらもたくさんいらっしゃいました。

 

穏やかな雰囲気で過ごされているのを見て、このような場の大切さを改めて感じました。

 

6月、7月にも講師として参加させていただく予定です。

また、皆様にお会いできるのが楽しみです!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

だるまリハビリセンターでは、地域の方々とのつながりも大切にしております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ハイカットスニーカーの紹介

2023.05.15 | Category: 小児

こんにちは。スタッフの加藤です。

今日は、ハイカットスニーカーのご紹介をしたいと思います。

 

立位や歩行練習を始められるお子様の保護者様からよく、「どのような靴がいいですか?」とご質問を受けます。

装具をお持ちでないお子様や足首が安定しにくいお子様には、ハイカットのスニーカーをお勧めしています。

 

当センターをご利用して頂いているお子様が、とってもいいハイカットスニーカーを履いてらっしゃいましたので、

皆様にご紹介したいと思います。

それがこちらです!

アシックスさんのハイカットスニーカーです。

asics suku2 GD.WALKER®MINI-HI

白、黒、ベージュの3色展開があり、15㎝~22cmのサイズがあります。サイズは0.5cm刻みで展開されています。

アシックスさんのホームページを覗くと、ネットで片足のみの販売もされているようです。

左右の足のサイズに違いがあるお子様や片足に装具を着用されるお子様にも履きやすいですね。

ベルトを外すと、大きく履き口が開くので靴の脱ぎ履きがとても楽に行えます。

ここのお近くですと大宮の店舗で試着できるそうです。

 

もう少し小さいお子様ですと、こちらのスニーカーもあるようです。

asics suku2 GD.WALKER BABY-HI

白、黒の2色展開で、12cm~14.5cmまでのサイズがあります。こちらも0.5cm刻みで販売されているようです。

 

担当のお子様が靴を履いてらっしゃる様子です。

2つのベルトがあり、足の甲の部分と足首をしっかり安定させてくれます。

足首の部分にはベルトが当たらず、立位や歩行の妨げにならない、絶妙な位置にベルトがあります。

歩行介助中の写真です。

裸足ですと、苦手な方の左足に体重を掛けようとすると左足を引き上げてしまい、

なかなか左下肢での支持を促せないのですが、足首が安定するとかなり支えやすくなります。

(※写真の掲載にあたり、保護者様の許可を得ています)

左足で支える練習を行うと、股関節・体幹の筋が活性化され、肩甲骨周りの筋肉も働きやすくなり

左手のリハビリもとても行いやすくなります。このように、足首が安定するといい影響がたくさんあります!

 

大人でも靴選びは悩んでしまいますよね。

お子様のスニーカーをお探しの保護者様がいらっしゃいましたら、是非候補に挙げて頂ければと思います。

以上、ハイカットスニーカーの紹介でした!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

お困りのことがございましたら、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

豊島区管弦楽団第95回定期演奏会

2023.05.10 | Category: 成人

先日5/5こどもの日は、当センターを利用されている利用者様(以下A様)が所属されている豊島区管弦楽団の第95回定期演奏会でした🎻

東京芸術劇場にて行われた演奏会は、コロナ禍にて自粛されていたこともあり、この日を心待ちにされていた大勢のファンの方々が来場されておりました✨
私も上の階まで着席されている来場者の多さにとても驚きました😱
A様は、脳卒中による片麻痺の症状がみられましたが、演奏会でピッコロという楽器を演奏するために懸命にリハビリを行ってきました。
指の動きが滑らかに動かないため、指でピッコロの穴をふさぐ際に、1箇所ふさぎたいのに2箇所ふさいでしまうなど、音がダブって聴こえてしまう状況がみられておりました。
しかしながら、利用者様の粘り強い努力により、リハビリをするたびに指の動きの滑らかさが増していきました🖐
演奏会1週間前に利用者様より「今日くらい吹けたらいいな」というレベルまで回復され、私も一生懸命サポートさせていただきました😄
本番は、楽屋でリハビリ後に指の動きが見える席で観覧させていただき、滑らかな指の動きで演奏されている姿や楽団の演奏の素晴らしさにとても感激いたしました✨✨✨
本当にお疲れ様でした🌟
こちらは、A様のコメントです。
この度は多くの方々の支えと励ましのおかげで無事にオーケストラ復帰を果たす事ができました。とりわけ直前までケアをして下さった佐藤先生には感謝の気持ちで一杯です。
満点とは言えない演奏内容でしたが、今後につながる良い感触が得られたので更に精進して参りたいと思います。
マーラーが命を削って作曲した9番という大曲で、指揮者.奏者.聴衆と一体となった時間は生涯忘れられないものとなり、その瞬間に立ち会っていただけたことに感謝いたします。本当にありがとうございました。
豊島区管弦楽団 伊藤啓子
演奏会終了後は、A様とリハビリ病院にてリハビリを担当されていた先生達と私で記念撮影をしました😄
次は、9月の演奏会に向けて、フルート演奏のリハビリを担当させていただきます✨
※写真掲載につきましては、ご本人様と楽団様の許可をいただいております。
素晴らしい演奏を披露していただいた豊島区管弦楽団の皆様
豊島区管弦楽団様の演奏会は、大変素晴らしくとても感激いたしました✨
ありがとうございました✨
これまでクラシックコンサートに行ったことのない私でしたが、今回を良い機会にクラシックコンサートに行ってみようと思いました♪♫♬

 

だるまリハビリセンターでは、利用様の「やりたい!」という想い・希望を叶えることを大切にしています。

お困りのことがありましたら、是非ご相談下さい。

お問い合わせはこちら

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

佐藤でした😀

演奏会に向けて2 part2

2023.05.04 | Category: 成人

 

 

東京芸術劇場で行われる豊島区管弦楽団のクラシック演奏会が3日後に迫り、リハビリ後にブログをご覧になられている方々に向けて特別に1曲演奏をしていただきました。

こちらの曲は、演奏会で披露していただく曲とは異なりますが、心が癒されるとても良い曲ですので是非お聴きいただければと思います。

 

前回のリハビリ前の映像と見比べても指の動きがだいぶ滑らかになっていますね。

私も演奏会が楽しみです!

 

だるまリハビリセンターでは、利用様の「やりたい!」という想い・希望を叶えることを大切にしています。

お困りのことがありましたら、是非ご相談下さい。

お問い合わせはこちら

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

佐藤でした😀

車いすから杖での生活に・・・。笑顔で当センターを卒業!

2023.05.02 | Category: 成人

今日は、当センターを卒業された利用者さまのご報告をしたいと思います。

担当の佐藤によりますと、ご利用者様は頚椎症性脊髄症を発症され、

「左半身が動かしにくい」「右半身が痺れる」との訴えがありました。

日常生活は、介助でトイレに車いすで行くのがやっとで、ベッド上の座位でも恐怖心をお持ちでした。

本人の希望は、杖で屋内外で歩行ができるようになること、

歩くことができるようになってお孫さんの面倒を見たいと話されていたそうです。

 

【リハビリ開始時のご様子】

ご自分で立ち上がりが難しく、介助で車いすからベッドに移乗されていました。

 

目標を

①車いすレベルでのトイレ自立

②キャスター付き歩行器で歩行自立

③杖歩行の自立

と段階付けてリハビリを進めました。

 

そして・・・。

2年間のリハビリで歩行器歩行が自立となり、車いすを卒業されました!

2年5が月が経った現在では、近位見守りで4点杖・T字杖での歩行が可能となりました。

さらには、杖なしの独歩の練習も可能となりました。

 

歩行以外にも、今自宅でされていることとして、

・昼夜のトイレがキャスター付き歩行器使用で自立

・キャスター付き歩行器で洗濯物を運んで干す

・食事後の食器洗い

と、立位でご自分ができる家事をなさっています。

 

目標であった杖歩行を練習できるようになり、

この度、当センターを卒業なさいました。

本当にお疲れさまでした!

 

【担当セラピストよりコメント】

当センターに来た頃は足に力が入らず、立ち上がりもうまくできず

本人、ご家族様ともに困ってらっしゃいました。

ケアマネージャー・訪問リハビリのセラピスト・デイのスタッフの皆さんと連携を取り、日々の変化や目標を共有しながらリハビリをすることで、ご家庭での車いす生活を卒業するに至ることができました。大変嬉しく思います。

時折、「もう無理!」と弱音が出てしまうこともありましたが、それでも諦めずに一生懸命リハビリに取り組まれていた姿がとても印象的でした。

当センターでのリハビリだけでなく、日常の過ごし方・自主トレの進行状況など、ご家族・ご本人様が必死に取り組んでいた様子が大変懐かしく思います。

ご卒業おめでとうございます!

 

だるまリハビリセンターでは、利用様の「やりたい!」という想い・希望を叶えることを大切にしています。

お困りのことがありましたら、是非ご相談下さい。

お問い合わせはこちら

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

加藤でした。

アクセス情報

所在地

〒343-0845
埼玉県越谷市南越谷3丁目9-7 ドリームハイツ1階

駐車場

近隣の駐車場をご利用ください

休診日

土・日・祝日(変動あり)